2005年03月11日

危険な法律通していいのか、人権擁護法。

どうやら人権擁護法というのがヤバイらしい。


このことを家の者に話したところ、こんな法律絶対通る訳がないと言い切られてしまいました。

何度話してみても、絶対、と言われてキレられてしまう始末。

自分は思うんですが、絶対は無いと思います。

あの通信傍受法(通称:盗聴法)でさえも通ってしまいましたし。

ああいった態度にはどうかと思いました。

興味がないとかそういう事ではないんですが、「危ない法律」だから通る訳がないと

いう変な確信。実際通ってしまって後で泣きを見たらどうするんでしょうかね。

日本人の大多数の人が、こういった判断をしてると思うとショックです。

しかも安心しきっているのか、切迫感も全くないし、正直よく分からないです。

それに頼みは人任せというところ。

これに関しては意見が知りたいです。


さて、このことについてなんですが、自分で説明するよりも専門に扱っているサイトさんを

観てもらうほうが早いと思います。

自分は説明が下手だし、その説明によって御幣を招いたり、真実とは違った情報を与えて

いけないと思うので。


私がお勧めするサイトはサルでも分かる?人権擁護法案です。

このサイトが一番分かりやすく、読みやすいと思います。


人権擁護法案がいかに危険極まりない法律であること知ってもらい、廃案に持ち込める様に

みなさんで努力していく第一歩になればいいと思います。

自分には関係ないじゃんと思っているあなたもぜひ一度見ていただきたいです。
posted by McCoy at 03:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。