2005年11月16日

私が始めた理由

ドリンクのレビューもとりあえず片一方は一段落つきました。
出かけがてらペットボトルの方にも手を伸ばしてみたところ、売られている定番以外の限定品(になるかもしれない)が多いこと多いこと。
10月からまともに始めて、紙パックを片っ端から手を付けていったまま、ペットボトルはおざなりになっていたので、量が半端無いです。
とりあえず、ここで見逃したらもう二度と出会うことはないんじゃないかという強迫観念に似たものに駆られ、これだけの量を買い込んでしまいました。
大量に買い込み

これからペットボトルのほうもスタートを切り、紙パックとの並行生活が進んでいくことになる。それにしてものっけから9本はいくらなんでも買いすぎかな。
一日一本でやっても、9日はかかる訳だしその間に新たに発売される新商品も試飲していかなければならないので、大変そうです。

READ MORE...
posted by McCoy at 23:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたしとぼくのコーヒーミルク

これを待ってた!!

今回紹介するのは『わたしとぼくのコーヒーミルク』。通称「わたぼくコーヒー」
小学校の給食の時間に、じゃんけんをしてまで争った記憶のある飲み物。卒業して以来は1回も飲んだことがなく、とても懐かしいです。

しか〜し、ビンで牛乳を飲んでいた学校だと、飲んだことがないそうです。コーヒー牛乳のときはミルメークになるそうで、その存在をも知らないらしい。
学校でこのパッケージを見せても、なにそれ〜でした。

肝心のお味は、懐かしい。とってもコーヒーっぽいのだが、生乳を90%使用しているので牛乳の味のほうが濃いですね。売り切れて入荷しなくなるまで何回も飲みたいです。

ですが、一つ大きな問題点が。
その理由はこの商品をレジに持っていくと分かります。105円でもなく、138円でもなくなんと、
紙パックの癖して157円もするんです!!

私は値段はあんまり気にしていませんが、懐かしさとパッケージの文字が見事に再現されていてとても嬉しい限りです。
普段は1枚しか写真を載せませんが、特別に4枚も載せてしまいました。

わたしとぼくのコーヒーミルクA わたしとぼくのコーヒーミルク@
文字1 文字2
posted by McCoy at 21:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラメル珈琲

前回、激マズーとレビューしたシナモン珈琲の次の商品。
キャラメル珈琲です。確か去年もあったような。

キャラメルの甘い味わいと珈琲の苦みが、まぁそこそこマッチしてます。
今回は飲めるように開発してくれたのか、だいぶましです。
ただ一つ気になったのは、飲んでる途中で一気に薄味になること。
これはちょっと理解しがたいです。

それと飲み口はやっぱり雑というか酷い味がします。

エルビー キャラメル珈琲

posted by McCoy at 14:04| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。