2005年03月11日

危険な法律通していいのか、人権擁護法。

どうやら人権擁護法というのがヤバイらしい。


このことを家の者に話したところ、こんな法律絶対通る訳がないと言い切られてしまいました。

何度話してみても、絶対、と言われてキレられてしまう始末。

自分は思うんですが、絶対は無いと思います。

あの通信傍受法(通称:盗聴法)でさえも通ってしまいましたし。

ああいった態度にはどうかと思いました。

興味がないとかそういう事ではないんですが、「危ない法律」だから通る訳がないと

いう変な確信。実際通ってしまって後で泣きを見たらどうするんでしょうかね。

日本人の大多数の人が、こういった判断をしてると思うとショックです。

しかも安心しきっているのか、切迫感も全くないし、正直よく分からないです。

それに頼みは人任せというところ。

これに関しては意見が知りたいです。

続きを読む
posted by McCoy at 03:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。